2020.01.24更新

東京弁護士会「個別指導担当ガイダンス」

 

こんにちは。

台東区上野の弁護士、中尾信之です。

 

弁護士・裁判官・検察官の資格

(法曹資格)を得るためには

最高裁判所に司法修習生として採用され、

1年間の司法修習を受ける必要があります。

 

司法修習の期間中は

埼玉県和光市にある司法研修所での

カリキュラムを受けるほか

裁判所・検察庁・弁護士事務所での

実務修習を受けることになります。

 

このたび

第73期の弁護実務修習の

指導担当を務めることになり、

今年3月から4月までの間に

当事務所で司法修習生を

受け入れることになりました。

 

1月23日(木)には

千代田区霞が関の弁護士会館で

弁護実務修習の指導担当向けに

東京弁護士会の

「個別指導担当弁護士ガイダンス」

が開催され、出席しました。

 

このガイダンスでは

弁護実務修習の概要・日程に加えて

個別指導の留意点や成績評価

などについて

詳細な説明がされました。

投稿者: 上野中央法律事務所

entryの検索