2019.09.21更新

初回の接見(国選弁護)~千住警察署~

 

こんにちは。

台東区上野の弁護士、中尾信之です。

 

一定の重大な犯罪について

被疑者が勾留され、

貧困などの理由で

弁護人を選任できないときは、

被疑者国選弁護制度

(ひぎしゃこくせんべんごせいど)

により、

被疑者は、国に

国選弁護人(こくせんべんごにん)

の選任を請求できます。

 

今月、裁判所から

被疑者の国選弁護人に選任され、

足立区千住にある

千住警察署で

勾留されている方との

接見(せっけん)をしました。

 

逮捕された方は

日本語がうまく話せない

外国人でしたので、

当日の接見には

通訳人にも同席してもらいました。

 

当日は

逮捕された事実に関する事情や

入国の事情、日本での生活状況、

家族関係、取調べの状況などを

聞き取りしたうえで、

刑事手続の流れや今後の見通し、

取調べの際の注意事項などを

説明しました。

投稿者: 上野中央法律事務所

entryの検索