2018.12.12更新

こんにちは。

台東区上野の弁護士、中尾信之です。

 

12月11日(火)に

担当した国選弁護事件の判決があり、

事件が終結しました。


担当した事件は

外国人である被告人が

在留期間を経過した後も

不法に日本に残留し、

偽造の残留カードも所持したという

出入国管理及び難民認定法違反

の事案でした。


判決は

懲役2年、執行猶予4年でした。

 

判決後には、

本人が入国警備官に付き添われて

法廷の出入口に向かいながら、

両手のひらを胸の前で合わせ、

「ありがとうございました。」

と何度も頭をさげてくれました。


今後、本人は

退去強制手続を受けて

自国に戻ることになりますが、

本人が自国に戻ってからも、

二度と犯罪を犯さず、

自国で活躍してくれることを心から願っています。

投稿者: 上野中央法律事務所